お金を借りる前は金利計算しておこう

お金を借りる前には必ず金利計算しておきましょう。誰でも、金利はお金を借りる際に重要ということは分かっています。しかし1%低くなるとどんな影響が出るのかを、具体的な数値として把握していないことがあります。

 

金利計算し、利息を把握しておくことで、返済のタイミングを見計らって金額を抑えることも可能でしょう。

 

金利計算をして利息を算出する方法は、利用額×金利÷1年間の日数(365または366)×利用日数=利息額となります。金利が低い場合、利用日数が短い場合が利息を抑えられることになるわけですね。

 

もともと金利が低いローンを探すことはいうまでもありません。しかし、ローンの利用当初は最高金利設定になることも多く、審査によって金利が決定するため予測しにくい部分があります。そのため、利用日数についても計画を立てておくことが大切です。

 

カードローンやキャッシングは、リボルビング払いと同様に、最低返済額を毎月返していくものがほとんどです。決まった額を返済できるのでお金の計画は立てやすいのですが、なかなか借り入れた元金が減っていかない側面があります。残高分がある限り、利息がかかっていくため、返済について日数を考慮した計画が大切になるわけですね。

 

様々なパターンで返済計画を立て、「この日までに返してしまったら、利息が抑えられる。」など自分でコントロールすることが大切です。金利の違いを重視する方は多いのですが、具体的な金額で把握するようにしましょう。

 

お金を借りる前の利息計算は、絶対に行いたいことです。