延滞中もお金を借りることができる?

延滞中でもお金を借りることはできるのでしょうか?

 

返済回数が増えていくと、返済日に遅れることも増えてしまう可能性があります。1日ぐらい遅れても大丈夫だろうという考えを誰でも持ちやすいのですが、その根拠は本当に確かなものでしょうか。

 

延滞の記録は、一般的には3ヶ月遅れると信用情報機関に残ります。しかし、金融機関自体は1日遅れでも、もちろんその記録を残していくでしょう。遅延損害金が入るからよいとは考えません。遅れることを繰り返す人物は、たとえ期間は短くても信用できないと判断されてしまうでしょう。

 

延滞というのはそれほど金融機関にとって重要な点なのです。延滞中でもお金を借りることができないか、延滞記録が残っていても新しいローンやキャッシングを利用できないかと考えてしまう方は多いでしょう。しかし、金融機関は延滞を繰り返す人物が、いつか返済しなくなってしまい貸し倒れとなるようなリスクは選びません。

 

延滞中はお金を借りることはできず、またお金を準備できる手段があったとしてもそれは違法なものであると考えておきましょう。日本にある3つの信用情報機関の情報は、共有されているものと認識しておくべきです。

 

「消費者金融でやった延滞は、銀行なら関係ない。」「クレジットカードの延滞があっても、別のローンなら利用できる。」といったことにはなりません。

 

延滞は、ローン計画やお金の利用に多大な影響を及ぼします。きっちりと返済日に返すのは当たり前ですが、返済期間が長くなるほどおろそかにしてしまうものです。少しなら大丈夫と決して考えないようにしましょう。