アルバイトだけどお金を借りたい

アルバイトの方はお金を借りるのが難しい、これは一面からはイエス、別の面からはノーといえます。

 

正社員と比較すると、もちろんアルバイトなら、審査に通る可能性は低くなることも多いでしょう。アルバイトでも、正社員の方より収入が多いと自信を持っているかもしれません。しかし、金融機関は収入額の大小よりも安定性を重視します。確実に長期に渡って一定額以上の収入があるという点は、正社員と比較すると劣っていると判断される可能性が高いのです。

 

ただし、アルバイトは絶対にお金を借りられないと断定してしまう必要はありません。今アルバイトの方も申し込みできる、カードローンやキャッシングも増えています。年収の最低条件などは明記されていないローンがほとんどですが、50万円あれば審査を受けられるものが多いでしょう。

 

総量規制対象ローンなら、年収の3分の1が最大限借りられる額となります。総量規制対象外ローンは、年収の3分の1以上借りられますと書かれていることが多いですね。しかし、実際は総量規制額とあまり変わらない額になるケースがほとんどです。

 

アルバイトは安定性が低いと考えられていますが、最低でも半年程度継続して勤務していれば、カードローンに申し込めるケースが多くなります。もちろんアルバイトでも勤続年数が長ければ長いほど有利に働くため、頻繁に転職している状態ではローン審査に通らない可能性もあるでしょう。

 

アルバイトの方が申し込めるカードローンやキャッシングは、意外とたくさん見つかるはずです。しっかり比較して申し込み先を決めましょう。