お金を借りる方法は安全なものを選ぶべき

たくさんあるお金を借りる方法で、優先させるべきことは安全性です。必要な金額を準備できること、お金が欲しいタイミングに間に合うことが、借りる側にしてみると最も大切だと感じてしまいます。しかし、これも安全が土台になっていないといけません。

 

安全でない借入方法では、違法な業者、闇金がまず思い浮かぶでしょう。悪徳な業者を利用するのは、知らずに申し込んでしまうパターンばかりではありません。悪徳な業者が、「違法金融です。」とはもちろん書いていません。大手消費者金融に見せかけたり、低金利を表示したり、偽の登録番号を記載したりなど、つい申し込んでしまいそうな形態になっていることもあります。

 

しかし問題は、申し込み者が「ここは違法な業者かもしれないな。」と疑いながらも、「絶対にお金がいるから。」という考えを持ってしまうことでしょう。「少額だったらすぐに返せるから、金利が大きくてもなんとかなるだろう。」「とにかく借りられたら、後から考えよう。」と飛び込んでしまうことです。

 

違法な業者が、少額貸し付けをして高金利での返済を受けて、そこで完了としてしまうことはまずありません。

 

借りようと思っていた額以上を勝手に振り込む、返済の方法などを細かく指定して完済させないようにするなど、あの手この手で縁を切れないようにされてしまいます。お金を借りることに慣れている申し込み者ほど、「自分なら大丈夫。なんとかなる。」と自信を持ってしまうことがトラブルの原因です。

 

お金を借りる方法として選ぶなら、絶対に安全な金融機関に限定することが前提です。少しでも疑問を持ったり、おかしいと感じたりしたら、どんなにお金が必要なタイミングでも諦めるようにするべきでしょう。