借りられたらそれでOKじゃない!

お金を借りさえできればそれでよいと、考えることはやめておきましょう。お金を借りる方法はピンチの時によい解決策ですが、注意しておきたいこともあります。一口にお金を借りるといっても、いくつか方法があるので、ベストの方法を選ぶことも大切でしょう。

 

誰かに借りるのと、金融機関に借りる方法では大きな違いがありますね。また、誰に借りるのか、家族と友人でも変わってくるでしょう。金融機関の扱うローンにもそれぞれ特徴があり、金利など返済額などに直結する点も比べたいところです。

 

まず、お金が必要な時は金額、タイミング、手段などをまず考えましょう。金額は、多めに借りてしまおうとする方も多いのですが要注意です。ローンなら、利用した日数分で利息がかかっていきます。多めに借りた金額は、使うかどうかもはっきりしないのに、その分の利息は支払わないといけません。カードローンなら、限度額設定以下の額なら自由に利用できます。

 

限度額は多めの額にしても、借りる額は必要な分だけを意識しましょう。

 

もちろん借りる時の方法や、返済の方法なども比べて選ぶことは大切です。金融機関を利用せずに誰かに借りると、利息も支払わずお得な気がしてしまいます。しかし、友人ならお金の貸し借りはトラブルの元にしかなりません。お金は準備できても、友情はなくなったということにならないようにしましょう。

 

借りるにはそれなりに準備や比較する必要があるのです。カードローンなどは方法としては手軽ですが、どこに申し込むのかなどはしっかりと下調べすることをおすすめします。

 

お金を借りる前に考えておきたいこと

 

お金を借りる前に必ず考えておきたいことがあります。重要なポイントになりますから、しっかりと予定を立てましょう。

 

なぜ借りるのか

当たり前ですが、なんとなくお金が必要だから借りるというのは論外です。家を買うから住宅ローンを利用する場合なら、もちろん理由は明確でしょう。ですが、いつも苦しいから、借りたらちょっとラクになるかもというあいまいな理由は避けたほうがよいのです。なぜ苦しくなってしまうのか原因を探り、ローンを利用するならしっかりと返済計画を立ててから借りましょう。

 

どうやって借りるのか

借入目的によっては、そのものズバリのローンが取り扱われています。マイカーローンや、教育ローン、トラベルローンなど自分の目的に応じたローンを利用する方法が選べます。カードローンのように、自分で借入目的を設定できる場合もあるでしょう。会社の貸付制度や、生命保険の契約者貸付制度などが利用できることもあります。公的な機関などからもお金を借りられるケースもあるでしょう。適切な方法を選び、利息を抑えることが大切です。

 

返済について

実はもっとも大切なのは返済です。返済計画なく、利息シミュレーションすることなしにローンなどに申し込むのは、もってのほかと考えておきましょう。確実に返済できる額のみ、返済できるペースで借りることを外してはいけません。

 

焦っていると、何も考えずにローンに申し込んでしまうこともあります。しかし、借りる前の計画や考え方で、返済などは大きく違ってくるものです。借入前にしっかりと考えておきましょう。

 

お金を借りることをデメリットにしない

銀行の時間外手数料は、できれば払いたくないものです。とはいっても、週末など準備をしていても予定外の出費となってしまうこともあるでしょう。

時間外手数料を払って引き出す方法ではなく、カードローンのキャッシングをして利息を支払ったほうが金額を抑えられるかもしれません。

カードローンなどのキャッシングは、ATMで夜や週末も手数料がかからずに利用できるものも多いのです。

 


また、ローンはキチンと返済していると、その後のローン利用にプラスになることもあります。新たなローンに申し込む時、過去の延滞履歴なども信用情報機関に照会されます。この時、延滞しているという記録が残っていると、どんなローンでも利用できなくなってしまうでしょう。しかし、きちんと返済している場合は、またローンを利用しても必ず返済すると判断されることが多いのです。ローンの利用は返済が伴っていると、プラス要素となることもあるわけですね。

 

クレジットヒストリーと呼ばれるもので、一定年齢以上の方はローン履歴が残っていないと、延滞記録がなくなるのを待っていた状態と疑われて審査に不利になることがあります。

 

お金を借りることをデメリットにつなげてしまうのは、利用者なのです。

必要に応じてローンやキャッシングを計画的に使ってみるのは、悪いことばかりではありません。

 

おすすめの借り方

おすすすめのお金の借り方、今なら断然カードローンでしょう。カードローンの良い点は、借入目的を自分で自由に決められることです。事業性資金には利用できませんが、生活費として使う場合も、審査が否決になることはありません。

 

また、最初に限度額や極度額といって、借りられる最大限の額を決めておきます。その範囲なら自分で必要額を借りたり、返したり繰り返して利用することが可能です。

 

カードローンは、どちらかというと利息は必要なものの銀行口座の代用に近い感覚で使えます。また、最近は最大限度額が大きなカードローンも続々登場していますね。まとまった金額を借りたい時にも、使いやすい方法と言えるでしょう。

 

カードローンはキャッシングするのに便利ですが、クレジットカードでも同様にキャッシング機能がついている場合もあります。わざわざローンに申し込むより、クレジットカードのキャッシングを使ったほうが便利では?と思っている方も多いでしょう。しかし金利の点からも、ローン専用商品を使ったほうがお得なこともあります。カードローンは審査時間も短いものが多く、急に借りたい時にも対応しやすくなっていますよ。

 

キャッシング方法が便利だったり、返済方法も充実していたりと、カードローンは使いやすさも特徴としてよく挙げられています。必要額や必要なタイミングにもよりますが、クレジットカードが手元にあるケースでも、一度カードローンでのキャッシングを検討することをおすすめします。